工務店に依頼できる工事をまとめてご紹介

工務店の仕事やお願いできる事ってなぁに?

建設会社や住宅メーカーと工務店の違いとは

新築住宅の着工件数は約28万9千件強(平成30年)で、そのうちの6万件ほどを手がけているのが大手ハウスメーカーです。 ということは、およそ8割をそれ以外の施工会社、つまり、工務店が受注しているということになるのです。 一生に一度の大きな買い物であるマイホームには頼みやすさが一番の様です。

新築工事だけじゃない工務店の仕事

新築以外にも需要が高まっているのがリフォームです。 建物にかかわる仕事であることから、リフォームについても受注する工務店もあります。 リフォームを専門としている工務店もありますが、自分たちが施工した住宅のリフォームや改築などを請け負うという事もあり得ます。

工務店に依頼した場合のメリットついて

担当者の顔だけでなく、人となりもわかっているので依頼しやすい街の工務店。 地域に根差した工務店に仕事を依頼するメリットには商圏を絞っているからこそ実現できるものがたくさんあります。 付き合いが深いだけに期待できるメリットのいろいろについてまとめてみました。

国内の新築住宅の8割は街の工務店が施工!

建物を建てる仕事をしている会社を挙げる場合、先ず思いつくのは大手の建設会社、そしてハウスメーカーです。
地元でよく見かける「~工務店」も、同じように家を建てたり、ビルを建てたりする仕事に携わっている会社ですよね。
この違いはどこにあるのでしょうか?

工務店も建設会社などと同様に建物を建てることを生業としている会社です。
一般的には、「街の工務店」といったイメージに集約されるように、比較的小さなエリアで営業活動を行っている建設会社の事を工務店と呼んでいます。
経営者もその地域の住民で、地域の行事などにも顔を見せるような、「顔見知りのおじさん」で、依頼主もその地域の人であることが殆どです。
商圏の大きさによって工務店と建設会社、ハウスメーカーとが分けられているような印象です。
工務店は、依頼主から見ても顔見知りの業者であることから、困った時にすぐ対応してもらえる、というメリットがあります。
周りが皆知り合いの様なものなので、下手な工事をするとその土地では受注できなくなる可能性があるので、手が抜けない、という事もあります。
ともあれ、その地域の事を良く知っているという特権もあり、建築条件が付いている土地の再開発、分譲まで手掛けるような比較的大きな規模の会社の場合もあります。
また一方では、数人で運営していて、大手の建築会社から仕事を請け負うことがメインとなっているため、一般顧客から直接依頼を受けない会社もあり、工務店はその規模により、手掛ける仕事も様々です。

おすすめリンク

ペルシャ絨毯を購入するには?

ペルシャ絨毯のことならおまかせください!良質な商品をしっかり比較してお決めできます。

東京で鍵を紛失してしまったらどうする?

東京で家の鍵を紛失してしまった!そんなときにとるべき行動、新しい鍵を手に入れる方法について。

プロバイヤーが教える!冷蔵庫の高価買取のコツは?

冷蔵庫の高価買取のコツをプロバイヤーが伝授します。不用品処分を検討中の人にもおすすめ!