工務店の仕事やお願いできる事ってなぁに?

>

新築工事だけじゃない工務店の仕事

このコラムをシェアする

ホームページなどで会社について確認する

もともと、その家を建ててくれた工務店が健在で、リフォームも行ってくれるようであれば、家の構造については、他のどの工務店よりも詳しいですので、安心してお願いできます。
ただ、工務店によっては、リフォームは受けてもらえない場合もあります。
一から業者を探す際、ホームページが手助けになります。
大手のハウスメーカー等の様にCMや広告を打っていることは少ないですが、どこの工務店でも自社ホームページを持っていることがほとんどです。
その会社案内の中で、自社がどのような案件について手掛けたのかや、会社の社歴のようなものが掲載されていることが多くあります。
そういった資料は、その会社が施工実績に自信がある事の裏付けでもありますし、どのような施工が得意なのかがわかります。
どんなリフォームを希望しているのかと照らし合わせて、相談する業者を選ぶとよいでしょう。

目的によって変わる業者選び

家の造作の一部、たとえば、階段が痛んできたので修繕したい、とか、部屋を仕切って2つに分けたい、など、「この部分を」「こうしたい」ということがはっきりしているような案件の場合は、大工さんメインの仕事になります。
直接大工さんを抱えているような工務店に依頼すると、対応も素早く、安心です。
これとは違い、お風呂のユニット交換、キッチンのシステム交換など、形も施工方法も決まっていて、正直「誰がやっても一緒」という案件については、ホームセンターや、ネット通販でも可能になっています。
こういった場合は価格勝負という可能性もあります。
こういった部分的な物でなく、2世帯住宅にしたい、逆に、子供たちが巣立ったので老後も見据えた2人暮らし住居にリフォームしたい、といったライフスタイルの変更を伴うような案件は、設計から起こすことになるので、大手の工務店。またはハウスメーカーに依頼するとスムーズに進められます。